万葉集 第14巻 3476番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3476番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3476番歌

第14巻
歌番号 3476番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 宇倍兒奈波 和奴尓故布奈毛 多刀都久能 努賀奈敝由家婆 故布思可流奈母
訓読 うべ子なは我ぬに恋ふなも立と月のぬがなへ行けば恋しかるなも
かな うべこなは わぬにこふなも たとつくの ぬがなへゆけば こふしかるなも
英語(ローマ字) UBEKONAHA WANUNIKOFUNAMO TATOTSUKUNO NUGANAHEYUKEBA KOFUSHIKARUNAMO
そうそう、あの子は私に気があったんだな。月が流れていけばいくほど恋しくなるだろうな。
左注 或本歌末句曰 奴我奈敝由家杼 和<奴><由賀>乃敝波
校異 努 奴 [元][類][紀] / 賀由 由賀 [万葉集略解]
用語 東歌、相聞、羈旅、恋情
スポンサーリンク

第14巻 3476S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌末句曰
原文 奴我奈敝由家杼 和<奴><由賀>乃敝波
訓読 ぬがなへ行けど我ぬ行がのへば
かな ぬがなへゆけど わぬゆがのへば
英語(ローマ字) NUGANAHEYUKEDO WANUYUGANOHEBA
月が流れたが、行きたくても、わたしは行けない。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情、異伝
タイトルとURLをコピーしました