万葉集 第14巻 3424番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3424番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3424番歌

第14巻
歌番号 3424番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 之母都家野 美可母乃夜麻能 許奈良能須 麻具波思兒呂波 多賀家可母多牟
訓読 下つ毛野みかもの山のこ楢のすまぐはし子ろは誰が笥か持たむ
かな しもつけの みかものやまの こならのす まぐはしころは たがけかもたむ
英語(ローマ字) SHIMOTSUKENO MIKAMONOYAMANO KONARANOSU MAGUHASHIKOROHA TAGAKEKAMOTAMU
下つ毛野の美可母(みかも)の山のこ楢のように美しいあの子は、いったい誰のために食物の器を差し出すというのだろう。(夫になる人が羨ましい)。
左注 (右二首下野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、栃木県、地名、太田和山、植物、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました