万葉集 第14巻 3430番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3430番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3430番歌

第14巻
歌番号 3430番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 斯太能宇良乎 阿佐許求布祢波 与志奈之尓 許求良米可母与 <余>志許佐流良米
訓読 志太の浦を朝漕ぐ船はよしなしに漕ぐらめかもよよしこさるらめ
かな しだのうらを あさこぐふねは よしなしに こぐらめかもよ よしこさるらめ
英語(ローマ字) SHIDANOURAWO ASAKOGUFUNEHA YOSHINASHINI KOGURAMEKAMOYO YOSHIKOSARURAME
志太の浦を朝漕ぐのはわけもなく漕いでいるのだろうか。そんな筈はない。ちゃんとわけがあって漕いでいるに相違ない。
左注 右一首駿河國歌
校異 奈 余 [元]
用語 東歌、譬喩歌、静岡県、地名、後朝、恋愛
タイトルとURLをコピーしました