万葉集 第14巻 3429番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3429番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3429番歌

第14巻
歌番号 3429番歌
作者 作者不詳
題詞 譬喩歌
原文 等保都安布美 伊奈佐保曽江乃 水乎都久思 安礼乎多能米弖 安佐麻之物能乎
訓読 遠江引佐細江のみをつくし我れを頼めてあさましものを
かな とほつあふみ いなさほそえの みをつくし あれをたのめて あさましものを
英語(ローマ字) TOHOTSUAFUMI INASAHOSOENO MIWOTSUKUSHI AREWOTANOMETE ASAMASHIMONOWO
遠江の引佐細江に作られたみをつくし、そのみをつくしのように私を頼りにしおって、なんともあさましいものよ。
左注 右一首遠江國歌
校異
用語 東歌、譬喩歌、静岡県、地名、浜名湖、怨恨、恋愛
タイトルとURLをコピーしました