万葉集 第14巻 3382番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3382番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3382番歌

第14巻
歌番号 3382番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 宇麻具多能 祢呂乃佐左葉能 都由思母能 奴礼弖和伎奈婆 汝者故布婆曽毛
訓読 馬来田の嶺ろの笹葉の露霜の濡れて我来なば汝は恋ふばぞも
かな うまぐたの ねろのささはの つゆしもの ぬれてわきなば なはこふばぞも
英語(ローマ字) UMAGUTANO NERONOSASAHANO TSUYUSHIMONO NURETEWAKINABA NAHAKOFUBAZOMO
馬来田(うまぐた)の山々の笹葉のように、露霜に濡れながらやってきたのはあんたを恋しく思えばこそ。
左注 (右二首上総國歌)
校異 毛 [元][類] 母
用語 東歌、相聞、千葉県、木更津、地名、恋情、悲別
タイトルとURLをコピーしました