万葉集 第14巻 3520番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3520番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3520番歌

第14巻
歌番号 3520番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於毛可多能 和須礼牟之太波 於抱野呂尓 多奈婢久君母乎 見都追思努波牟
訓読 面形の忘れむしだは大野ろにたなびく雲を見つつ偲はむ
かな おもかたの わすれむしだは おほのろに たなびくくもを みつつしのはむ
英語(ローマ字) OMOKATANO WASUREMUSHIDAHA OHONORONI TANABIKUKUMOWO MITSUTSUSHINOHAMU
お前さんの顔かたちを忘れそうになったら、広大な野にたなびいている雲を見つつお前を偲ぼう。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました