万葉集 第14巻 3567番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3567番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3567番歌

第14巻
歌番号 3567番歌
作者 作者不詳
題詞 防人歌
原文 於伎弖伊可婆 伊毛婆麻可奈之 母知弖由久 安都佐能由美乃 由都可尓母我毛
訓読 置きて行かば妹はま愛し持ちて行く梓の弓の弓束にもがも
かな おきていかば いもはまかなし もちてゆく あづさのゆみの ゆづかにもがも
英語(ローマ字) OKITEIKABA IMOHAMAKANASHI MOCHITEYUKU ADUSANOYUMINO YUDUKANIMOGAMO
置いていかなければならない彼女は本当に愛(いと)しい。携えていく梓弓の弓束であればなあ。
左注 (右二首<問>答)
校異
用語 東歌、相聞、恋情、出発
タイトルとURLをコピーしました