万葉集 第14巻 3534番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3534番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3534番歌

第14巻
歌番号 3534番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安可胡麻我 可度弖乎思都々 伊弖可天尓 世之乎見多弖思 伊敝能兒良波母
訓読 赤駒が門出をしつつ出でかてにせしを見立てし家の子らはも
かな あかごまが かどでをしつつ いでかてに せしをみたてし いへのこらはも
英語(ローマ字) AKAGOMAGA KADODEWOSHITSUTSU IDEKATENI SESHIWOMITATESHI IHENOKORAHAMO
赤馬に乗って出発しながら出かけるのをためらっていると、立って見送ってくれた家のあの子(妻)が(忘れられない)。
左注
校異
用語 東歌、相聞、動物、羈旅、別離、望郷、出発
タイトルとURLをコピーしました