万葉集 第14巻 3403番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3403番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3403番歌

第14巻
歌番号 3403番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安我古非波 麻左香毛可奈思 久佐麻久良 多胡能伊利野乃 於<久>母可奈思母
訓読 我が恋はまさかも愛し草枕多胡の入野の奥も愛しも
かな あがこひは まさかもかなし くさまくら たごのいりのの おくもかなしも
英語(ローマ字) AGAKOHIHA MASAKAMOKANASHI KUSAMAKURA TAGONOIRINONO OKUMOKANASHIMO
我が恋は今もって切ない。多胡の入野の奥までやってきたが、ますます切ない。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異 父 久 [代匠記初稿本]
用語 東歌、相聞、群馬県、枕詞、地名、多胡、吉井町、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました