万葉集 第14巻 3561番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3561番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3561番歌

第14巻
歌番号 3561番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可奈刀田乎 安良我伎麻由美 比賀刀礼婆 阿米乎万刀能須 伎美乎等麻刀母
訓読 金門田を荒垣ま斎み日が照れば雨を待とのす君をと待とも
かな かなとだを あらがきまゆみ ひがとれば あめをまとのす きみをとまとも
英語(ローマ字) KANATODAWO ARAGAKIMAYUMI HIGATOREBA AMEWOMATONOSU KIMIWOTOMATOMO
門前の田が荒れているときは掻きならしてきれいにし、日照りが続けば雨が降るのを待つ。そんな気持ちであなたを待ちます。
左注
校異
用語 東歌、相聞、序詞、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました