万葉集 第14巻 3413番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3413番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3413番歌

第14巻
歌番号 3413番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 刀祢河泊乃 可波世毛思良受 多太和多里 奈美尓安布能須 安敝流伎美可母
訓読 利根川の川瀬も知らず直渡り波にあふのす逢へる君かも
かな とねがはの かはせもしらず ただわたり なみにあふのす あへるきみかも
英語(ローマ字) TONEGAHANO KAHASEMOSHIRAZU TADAWATARI NAMINIAFUNOSU AHERUKIMIKAMO
利根川の浅瀬の場所も知らないで直(じか)に川を渡り、波に出合ったように、ぱったりあの人に逢ったわ。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異 泊 [元] 伯
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、利根川、序詞、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました