万葉集 第14巻 3414番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3414番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3414番歌

第14巻
歌番号 3414番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伊香保呂能 夜左可能為提尓 多都努自能 安良波路萬代母 佐祢乎佐祢弖婆
訓読 伊香保ろのやさかのゐでに立つ虹の現はろまでもさ寝をさ寝てば
かな いかほろの やさかのゐでに たつのじの あらはろまでも さねをさねてば
英語(ローマ字) IKAHORONO YASAKANOゐDENI TATSUNOJINO ARAHAROMADEMO SANEWOSANETEBA
伊香保のやさかの堰塞(ゐで)に立つ虹が現れてくるまで(夜明けまで)、一緒に共寝したらどんなに楽しいだろう。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、伊香保、序詞、人目、恋愛、逢会
タイトルとURLをコピーしました