万葉集 第14巻 3366番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3366番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3366番歌

第14巻
歌番号 3366番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 麻可奈思美 佐祢尓和波由久 可麻久良能 美奈能瀬河泊尓 思保美都奈武賀
訓読 ま愛しみさ寝に我は行く鎌倉の水無瀬川に潮満つなむか
かな まかなしみ さねにわはゆく かまくらの みなのせがはに しほみつなむか
英語(ローマ字) MAKANASHIMI SANENIWAHAYUKU KAMAKURANO MINANOSEGAHANI SHIHOMITSUNAMUKA
あの子が全く可愛いので共寝しに行こうと思うが、鎌倉の美奈の瀬川は潮が満ちていることだろうか。
左注 (右十二首相模國歌)
校異 泊 [元][類][古] 伯
用語 東歌、相聞、神奈川県、鎌倉、稲背川、地名、恋愛
タイトルとURLをコピーしました