万葉集 第14巻 3443番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3443番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3443番歌

第14巻
歌番号 3443番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 宇良毛奈久 和我由久美知尓 安乎夜宜乃 波里弖多弖礼波 物能毛比弖都母
訓読 うらもなく我が行く道に青柳の張りて立てれば物思ひ出つも
かな うらもなく わがゆくみちに あをやぎの はりてたてれば ものもひでつも
英語(ローマ字) URAMONAKU WAGAYUKUMICHINI AWOYAGINO HARITETATEREBA MONOMOHIDETSUMO
何気なく歩いていたら行く道に青柳が芽吹いていたので、物思いに誘われた。
左注
校異 弖 [元][類][古] 豆
用語 東歌、雑歌、植物、羈旅、望郷
タイトルとURLをコピーしました