万葉集 第14巻 3357番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3357番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3357番歌

第14巻
歌番号 3357番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可須美為流 布時能夜麻備尓 和我伎奈婆 伊豆知武吉弖加 伊毛我奈氣可牟
訓読 霞居る富士の山びに我が来なばいづち向きてか妹が嘆かむ
かな かすみゐる ふじのやまびに わがきなば いづちむきてか いもがなげかむ
英語(ローマ字) KASUMIゐRU FUJINOYAMABINI WAGAKINABA IDUCHIMUKITEKA IMOGANAGEKAMU
霞がたちこめる富士の裾野に迷い込んで私がやって来ないとしたら霞で分からず、どちらの方向に向かって彼女は嘆くことだろう。
左注 (右五首駿河國歌)
校異
用語 東歌、相聞、静岡県、富士山、地名、恋情、別離、後朝
タイトルとURLをコピーしました