万葉集 第14巻 3552番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3552番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3552番歌

第14巻
歌番号 3552番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 麻都我宇良尓 佐和恵宇良太知 麻比<登>其等 於毛抱須奈母呂 和賀母抱乃須毛
訓読 まつが浦にさわゑうら立ちま人言思ほすなもろ我が思ほのすも
かな まつがうらに さわゑうらだち まひとごと おもほすなもろ わがもほのすも
英語(ローマ字) MATSUGAURANI SAWAゑURADACHI MAHITOGOTO OMOHOSUNAMORO WAGAMOHONOSUMO
まつが浦に波が騒ぎ群れ立って、あんれまあ噂が激しいこと、とお思いになっているでしょう。私も同様に思っています。
左注
校異 等 登 [元][類][紀]
用語 東歌、相聞、地名、宮城県、福島県、うわさ、恋愛、女歌
タイトルとURLをコピーしました