万葉集 第14巻 3551番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3551番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3551番歌

第14巻
歌番号 3551番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 阿遅可麻能 可多尓左久奈美 比良湍尓母 比毛登久毛能可 加奈思家乎於吉弖
訓読 阿遅可麻の潟にさく波平瀬にも紐解くものか愛しけを置きて
かな あぢかまの かたにさくなみ ひらせにも ひもとくものか かなしけをおきて
英語(ローマ字) ADIKAMANO KATANISAKUNAMI HIRASENIMO HIMOTOKUMONOKA KANASHIKEWOOKITE
阿遅可麻(あぢかま)の潟に激しく裂かれる波のように、激しくせまられても、静かな瀬のように言い寄られても、紐解く(なびく)ものですか、愛しいお方をさしおいて。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、恋情、女歌、序詞、浮気
タイトルとURLをコピーしました