万葉集 第14巻 3550番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3550番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3550番歌

第14巻
歌番号 3550番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於志弖伊奈等 伊祢波都可祢杼 奈美乃保能 伊多夫良思毛与 伎曽比登里宿而
訓読 おしていなと稲は搗かねど波の穂のいたぶらしもよ昨夜ひとり寝て
かな おしていなと いねはつかねど なみのほの いたぶらしもよ きぞひとりねて
英語(ローマ字) OSHITEINATO INEHATSUKANEDO NAMINOHONO ITABURASHIMOYO KIZOHITORINETE
私はあえて稲を搗かないが、稲穂が波のようにひどく揺れて気分がおもわしくない。昨夜は独り寝だったので。
左注
校異
用語 東歌、相聞、恋情、作業歌、歌謡、孤独
タイトルとURLをコピーしました