万葉集 第14巻 3577番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3577番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3577番歌

第14巻
歌番号 3577番歌
作者 作者不詳
題詞 挽歌
原文 可奈思伊毛乎 伊都知由可米等 夜麻須氣乃 曽我比尓宿思久 伊麻之久夜思母
訓読 愛し妹をいづち行かめと山菅のそがひに寝しく今し悔しも
かな かなしいもを いづちゆかめと やますげの そがひにねしく いましくやしも
英語(ローマ字) KANASHIIMOWO IDUCHIYUKAMETO YAMASUGENO SOGAHININESHIKU IMASHIKUYASHIMO
愛しい妻が死んでしまうとは思わないで、山菅(やますげ)の根のように背を向け合って寝たこともあるが、今となっては悔しくてたまらない。
左注 以前歌詞未得勘知國土山川之名也
校異
用語 東歌、挽歌、植物、恋情、後悔、恋愛
タイトルとURLをコピーしました