万葉集 第14巻 3398番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3398番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3398番歌

第14巻
歌番号 3398番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比等未奈乃 許等波多由登毛 波尓思奈能 伊思井乃手兒我 許<登>奈多延曽祢
訓読 人皆の言は絶ゆとも埴科の石井の手児が言な絶えそね
かな ひとみなの ことはたゆとも はにしなの いしゐのてごが ことなたえそね
英語(ローマ字) HITOMINANO KOTOHATAYUTOMO HANISHINANO ISHIゐNOTEGOGA KOTONATAESONE
世の人の消息や噂は絶えることがあっても埴科の石井の美少女の消息だけは絶えることがないようにしてほしいものだ。
左注 (右四首信濃國歌)
校異 等 登 [元][類][古][紀]
用語 東歌、相聞、長野県、埴科、地名、伝説、恋情
タイトルとURLをコピーしました