万葉集 第14巻 3506番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3506番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3506番歌

第14巻
歌番号 3506番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 尓比牟路能 許騰伎尓伊多礼婆 波太須酒伎 穂尓弖之伎美我 見延奴己能許呂
訓読 新室のこどきに至ればはだすすき穂に出し君が見えぬこのころ
かな にひむろの こどきにいたれば はだすすき ほにでしきみが みえぬこのころ
英語(ローマ字) NIHIMURONO KODOKINIITAREBA HADASUSUKI HONIDESHIKIMIGA MIENUKONOKORO
蚕用の飼育室にこもって作業する時期になったのか、せっかく好意を示してくれたあの方がみえないこのごろ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、諸物、恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました