万葉集 第14巻 3370番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3370番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3370番歌

第14巻
歌番号 3370番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安思我里乃 波故祢能祢呂乃 尓古具佐能 波奈都豆麻奈礼也 比母登可受祢牟
訓読 あしがりの箱根の嶺ろのにこ草の花つ妻なれや紐解かず寝む
かな あしがりの はこねのねろの にこぐさの はなつつまなれや ひもとかずねむ
英語(ローマ字) ASHIGARINO HAKONENONERONO NIKOGUSANO HANATSUTSUMANAREYA HIMOTOKAZUNEMU
足柄の箱根の山のにこ草のような柔らかい花の妻だもの。着物の紐を解くことなく寝るとしよう。
左注 (右十二首相模國歌)
校異
用語 東歌、相聞、神奈川県、箱根、植物、序詞、恋情、怨恨、地名
タイトルとURLをコピーしました