万葉集 第14巻 3371番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3371番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3371番歌

第14巻
歌番号 3371番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安思我良乃 美佐可加思古美 久毛利欲能 阿我志多婆倍乎 許知弖都流可<毛>
訓読 足柄のみ坂畏み曇り夜の我が下ばへをこち出つるかも
かな あしがらの みさかかしこみ くもりよの あがしたばへを こちでつるかも
英語(ローマ字) ASHIGARANO MISAKAKASHIKOMI KUMORIYONO AGASHITABAHEWO KOCHIDETSURUKAMO
足柄峠の神のみ坂は恐れ多いけれど、曇った夜にやってきて、(彼女に対する)内心の思いをとうとう言葉に出してしまった。
左注 (右十二首相模國歌)
校異 母 毛 [元][類][古][細]
用語 東歌、相聞、神奈川県、足柄、恋情、うわさ、地名
タイトルとURLをコピーしました