万葉集 第14巻 3372番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3372番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3372番歌

第14巻
歌番号 3372番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 相模治乃 余呂伎能波麻乃 麻奈胡奈須 兒良波可奈之久 於毛波流留可毛
訓読 相模道の余綾の浜の真砂なす子らは愛しく思はるるかも
かな さがむぢの よろぎのはまの まなごなす こらはかなしく おもはるるかも
英語(ローマ字) SAGAMUDINO YOROGINOHAMANO MANAGONASU KORAHAKANASHIKU OMOHARURUKAMO
相模道(さがみぢ)の余綾(よろき)の浜の美しい白砂のようなあの子、本当に愛(いと)しく思われることよ。
左注 右十二首相模國歌
校異
用語 東歌、相聞、神奈川県、大磯、地名、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました