万葉集 第14巻 3555番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3555番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3555番歌

第14巻
歌番号 3555番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 麻久良我乃 許我能和多利乃 可良加治乃 於<登>太可思母奈 宿莫敝兒由恵尓
訓読 麻久良我の許我の渡りの韓楫の音高しもな寝なへ子ゆゑに
かな まくらがの こがのわたりの からかぢの おとだかしもな ねなへこゆゑに
英語(ローマ字) MAKURAGANO KOGANOWATARINO KARAKADINO OTODAKASHIMONA NENAHEKOYUゑNI
麻久良我(まくらが)の許我(こが)の渡しを漕ぐ舟の外国式の梶のように音が高い。そのように噂が高いよな。あの子と共寝をしたわけでもないのに。
左注
校異 等 登 [類][細]
用語 東歌、相聞、地名、茨城県、古河、序詞、うわさ、恋愛
タイトルとURLをコピーしました