万葉集 第14巻 3569番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3569番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3569番歌

第14巻
歌番号 3569番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 佐伎母理尓 多知之安佐氣乃 可奈刀R尓 手婆奈礼乎思美 奈吉思兒良<波>母
訓読 防人に立ちし朝開の金戸出にたばなれ惜しみ泣きし子らはも
かな さきもりに たちしあさけの かなとでに たばなれをしみ なきしこらはも
英語(ローマ字) SAKIMORINI TACHISHIASAKENO KANATODENI TABANAREWOSHIMI NAKISHIKORAHAMO
防人として出発するにあたり、朝明けの門を出るとき、つないだ手を離す際、それを惜しんで泣いたよな、あの子はなあ。
左注
校異 婆 波 [類]
用語 東歌、相聞、防人、出発、羈旅、望郷、恋情
タイトルとURLをコピーしました