万葉集 第14巻 3460番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3460番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3460番歌

第14巻
歌番号 3460番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 多礼曽許能 屋能戸於曽夫流 尓布奈未尓 和<我>世乎夜里弖 伊波布許能戸乎
訓読 誰れぞこの屋の戸押そぶる新嘗に我が背を遣りて斎ふこの戸を
かな たれぞこの やのとおそぶる にふなみに わがせをやりて いはふこのとを
英語(ローマ字) TAREZOKONO YANOTOOSOBURU NIFUNAMINI WAGASEWOYARITE IHAFUKONOTOWO
誰れなの、この家の戸をがたぴしと押すのは。新嘗祭を迎えて夫を外に遣り、家内にこもって身を清めているこの私なのに。
左注
校異 家 我 [元][類][古]
用語 東歌、相聞、女歌、新嘗、咎め歌、妻問い
タイトルとURLをコピーしました