万葉集 第14巻 3396番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3396番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3396番歌

第14巻
歌番号 3396番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 乎都久波乃 之氣吉許能麻欲 多都登利能 目由可汝乎見牟 左祢射良奈久尓
訓読 小筑波の茂き木の間よ立つ鳥の目ゆか汝を見むさ寝ざらなくに
かな をづくはの しげきこのまよ たつとりの めゆかなをみむ さねざらなくに
英語(ローマ字) WODUKUHANO SHIGEKIKONOMAYO TATSUTORINO MEYUKANAWOMIMU SANEZARANAKUNI
小筑波(をづくは)の茂った木の間から飛び立った鳥の目のように、遠くから君を見ているだけ、共寝することもなく。
左注 (右十首常陸國歌)
校異
用語 東歌、相聞、茨城県、地名、筑波山、恋情、別離、羈旅
タイトルとURLをコピーしました