万葉集 第14巻 3410番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3410番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3410番歌

第14巻
歌番号 3410番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伊香保呂能 蘇比乃波里波良 祢毛己呂尓 於久乎奈加祢曽 麻左可思余加婆
訓読 伊香保ろの沿ひの榛原ねもころに奥をなかねそまさかしよかば
かな いかほろの そひのはりはら ねもころに おくをなかねそ まさかしよかば
英語(ローマ字) IKAHORONO SOHINOHARIHARA NEMOKORONI OKUWONAKANESO MASAKASHIYOKABA
伊香保の近くの原のハンの木のように入り組んだ根のように、くよくよと先のことまで心配しなさんな。今現在が幸せならいいではないか。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、伊香保、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました