万葉集 第14巻 3411番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3411番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3411番歌

第14巻
歌番号 3411番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 多胡能祢尓 与西都奈波倍弖 与須礼騰毛 阿尓久夜斯豆之 曽能可<抱>与吉尓
訓読 多胡の嶺に寄せ綱延へて寄すれどもあにくやしづしその顔よきに
かな たごのねに よせつなはへて よすれども あにくやしづし そのかほよきに
英語(ローマ字) TAGONONENI YOSETSUNAHAHETE YOSUREDOMO ANIKUYASHIDUSHI SONOKAHOYOKINI
多胡の嶺に綱を結わえて引き寄せようとしても、ああ悔しいな、美人ゆえに何ともならない。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異 之 [元] 久 / 把 抱 [矢]
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、多胡、吉井町、序詞、怨恨、恋情、口説き
タイトルとURLをコピーしました