万葉集 第14巻 3408番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3408番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3408番歌

第14巻
歌番号 3408番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 尓比多夜麻 祢尓波都可奈那 和尓余曽利 波之奈流兒良師 安夜尓可奈思<母>
訓読 新田山嶺にはつかなな我に寄そりはしなる子らしあやに愛しも
かな にひたやま ねにはつかなな わによそり はしなるこらし あやにかなしも
英語(ローマ字) NIHITAYAMA NENIHATSUKANANA WANIYOSORI HASHINARUKORASHI AYANIKANASHIMO
新田山(にひたやま)のどの峰にも付かないで、この私に寄り添ってくれる、目立たないあの子は本当に愛しい。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異 毛 母 [元][類][古][紀]
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、太田市、金山、うわさ、恋情
タイトルとURLをコピーしました