万葉集 第14巻 3432番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3432番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3432番歌

第14巻
歌番号 3432番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 阿之賀利乃 和乎可鶏夜麻能 可頭乃木能 和乎可豆佐祢母 可豆佐可受等母
訓読 足柄のわを可鶏山のかづの木の我をかづさねも門さかずとも
かな あしがりの わをかけやまの かづのきの わをかづさねも かづさかずとも
英語(ローマ字) ASHIGARINO WAWOKAKEYAMANO KADUNOKINO WAWOKADUSANEMO KADUSAKAZUTOMO
足柄の私を可鶏(かけ)山(心に懸ける山)の穀の木ではないが、数に入れなくとも門を開けなくともいいよ。
左注 (右三首相模國歌)
校異
用語 東歌、譬喩歌、神奈川県、地名、植物、恋愛
タイトルとURLをコピーしました