万葉集 第14巻 3559番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3559番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3559番歌

第14巻
歌番号 3559番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 於保夫祢乎 倍由毛登母由毛 可多米提之 許曽能左刀妣等 阿良波左米可母
訓読 大船を舳ゆも艫ゆも堅めてし許曽の里人あらはさめかも
かな おほぶねを へゆもともゆも かためてし こそのさとびと あらはさめかも
英語(ローマ字) OHOBUNEWO HEYUMOTOMOYUMO KATAMETESHI KOSONOSATOBITO ARAHASAMEKAMO
大船を船首からも船尾からも綱でしっかり結ぶように、許曽(こぞ)の里のあの子としっかり契りを交わしたので、あの子は二人の仲を漏らすまい。
左注
校異
用語 東歌、相聞、序詞、うわさ、恋愛、地名
タイトルとURLをコピーしました