万葉集 第14巻 3558番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3558番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3558番歌

第14巻
歌番号 3558番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 安波受之弖 由加婆乎思家牟 麻久良我能 許賀己具布祢尓 伎美毛安波奴可毛
訓読 逢はずして行かば惜しけむ麻久良我の許我漕ぐ船に君も逢はぬかも
かな あはずして ゆかばをしけむ まくらがの こがこぐふねに きみもあはぬかも
英語(ローマ字) AHAZUSHITE YUKABAWOSHIKEMU MAKURAGANO KOGAKOGUFUNENI KIMIMOAHANUKAMO
あの方が逢わないで行かれてしまったら惜しいことだ。麻久良我(まくらが)の許我(こが)に行って漕ぎ出る舟にひょっとしてお逢いできないものだろうか。
左注
校異
用語 東歌、相聞、地名、茨城県、古河、遊行女婦、女歌
タイトルとURLをコピーしました