万葉集 第14巻 3557番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3557番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3557番歌

第14巻
歌番号 3557番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 奈夜麻思家 比登都麻可母与 許具布祢能 和須礼波勢奈那 伊夜母比麻須尓
訓読 悩ましけ人妻かもよ漕ぐ舟の忘れはせなないや思ひ増すに
かな なやましけ ひとづまかもよ こぐふねの わすれはせなな いやもひますに
英語(ローマ字) NAYAMASHIKE HITODUMAKAMOYO KOGUFUNENO WASUREHASENANA IYAMOHIMASUNI
悩ましい人妻だこと。漕ぐ舟は遠ざかっていくが、忘れられないおなご。いやいや、思いは増す一方だ。
左注
校異
用語 東歌、相聞、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました