万葉集 第14巻 3395番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3395番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3395番歌

第14巻
歌番号 3395番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 乎豆久波乃 祢呂尓都久多思 安比太欲波 佐波<太>奈利努乎 萬多祢天武可聞
訓読 小筑波の嶺ろに月立し間夜はさはだなりぬをまた寝てむかも
かな をづくはの ねろにつくたし あひだよは さはだなりぬを またねてむかも
英語(ローマ字) WODUKUHANO NERONITSUKUTASHI AHIDAYOHA SAHADANARINUWO MATANETEMUKAMO
小筑波(をづくは)の嶺に月が立つように、お前に月がたち、その間、夜は多く重なったけれど、過ぎた今はまた共寝しようか。
左注 (右十首常陸國歌)
校異 太尓 太 [元][紀][細][矢]
用語 東歌、相聞、茨城県、筑波山、地名、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました