万葉集 第14巻 3533番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3533番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3533番歌

第14巻
歌番号3533番歌
作者作者不詳
題詞
原文比登乃兒乃 可奈思家之太波 々麻渚杼里 安奈由牟古麻能 乎之家口母奈思
訓読人の子の愛しけしだは浜洲鳥足悩む駒の惜しけくもなし
かなひとのこの かなしけしだは はますどり あなゆむこまの をしけくもなし
英語(ローマ字)HITONOKONO KANASHIKESHIDAHA HAMASUDORI ANAYUMUKOMANO WOSHIKEKUMONASHI
人の子が愛しくてならない時、浜洲鳥のように、足を痛める馬が惜しいとは思わない。
左注
校異乃 [元][類] 能
用語東歌、相聞、動物、恋情
タイトルとURLをコピーしました