万葉集 第14巻 3532番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3532番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3532番歌

第14巻
歌番号 3532番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 波流能野尓 久佐波牟古麻能 久知夜麻受 安乎思努布良武 伊敝乃兒呂波母
訓読 春の野に草食む駒の口やまず我を偲ふらむ家の子ろはも
かな はるののに くさはむこまの くちやまず あをしのふらむ いへのころはも
英語(ローマ字) HARUNONONI KUSAHAMUKOMANO KUCHIYAMAZU AWOSHINOFURAMU IHENOKOROHAMO
春の野に草を食む馬の口がやまないように、私のことをしきりに偲んでいることだろうな、家に残した彼女(妻)は。
左注
校異
用語 東歌、相聞、動物、序詞、恋情、望郷、羈旅
タイトルとURLをコピーしました