万葉集 第14巻 3531番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3531番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3531番歌

第14巻
歌番号 3531番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伊母乎許曽 安比美尓許思可 麻欲婢吉能 与許夜麻敝呂能 思之奈須於母敝流
訓読 妹をこそ相見に来しか眉引きの横山辺ろの獣なす思へる
かな いもをこそ あひみにこしか まよびきの よこやまへろの ししなすおもへる
英語(ローマ字) IMOWOKOSO AHIMINIKOSHIKA MAYOBIKINO YOKOYAMAHERONO SHISHINASUOMOHERU
彼女に逢いに来たというのに、眉のように横に長い山の辺りをうろつくけもののように思えてきた。
左注
校異
用語 東歌、相聞、枕詞、恋愛、怨恨、動物
タイトルとURLをコピーしました