万葉集 第14巻 3530番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3530番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3530番歌

第14巻
歌番号 3530番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 左乎思鹿能 布須也久草無良 見要受等母 兒呂我可奈門欲 由可久之要思母
訓読 さを鹿の伏すや草むら見えずとも子ろが金門よ行かくしえしも
かな さをしかの ふすやくさむら みえずとも ころがかなとよ ゆかくしえしも
英語(ローマ字) SAWOSHIKANO FUSUYAKUSAMURA MIEZUTOMO KOROGAKANATOYO YUKAKUSHIESHIMO
牡鹿が伏していると草むらから見えないように、あの子がいる金門の前を通って行くのはうれしいもんだな。
左注
校異
用語 東歌、相聞、動物、恋愛、序詞
タイトルとURLをコピーしました