万葉集 第14巻 3554番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3554番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3554番歌

第14巻
歌番号 3554番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 伊毛我奴流 等許<能>安多理尓 伊波具久留 水都尓母我毛与 伊里弖祢末久母
訓読 妹が寝る床のあたりに岩ぐくる水にもがもよ入りて寝まくも
かな いもがぬる とこのあたりに いはぐくる みづにもがもよ いりてねまくも
英語(ローマ字) IMOGANURU TOKONOATARINI IHAGUKURU MIDUNIMOGAMOYO IRITENEMAKUMO
私が岩をくぐる水であったなら、あの子が寝ている床のあたりに、そっと入っていって共寝したいものだ。
左注
校異 乃 能 [元][類]
用語 東歌、相聞、恋情
タイトルとURLをコピーしました