万葉集 第14巻 3402番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3402番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3402番歌

第14巻
歌番号 3402番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 比能具礼尓 宇須比乃夜麻乎 古由流日波 勢奈能我素R母 佐夜尓布良思都
訓読 日の暮れに碓氷の山を越ゆる日は背なのが袖もさやに振らしつ
かな ひのぐれに うすひのやまを こゆるひは せなのがそでも さやにふらしつ
英語(ローマ字) HINOGURENI USUHINOYAMAWO KOYURUHIHA SENANOGASODEMO SAYANIFURASHITSU
碓氷峠を日の暮れに越えていかれた、あの日はしきりに着物の袖をお振りになったあの方の背中が印象的だった。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、碓氷、別離、女歌、恋情、羈旅
タイトルとURLをコピーしました