万葉集 第14巻 3388番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3388番歌はこちらにまとめました。

第14巻 3388番歌

第14巻
歌番号 3388番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 筑波祢乃 祢呂尓可須美為 須宜可提尓 伊伎豆久伎美乎 為祢弖夜良佐祢
訓読 筑波嶺の嶺ろに霞居過ぎかてに息づく君を率寝て遣らさね
かな つくはねの ねろにかすみゐ すぎかてに いきづくきみを ゐねてやらさね
英語(ローマ字) TSUKUHANENO NERONIKASUMIゐ SUGIKATENI IKIDUKUKIMIWO ゐNETEYARASANE
筑波嶺の嶺にかかった霞のように門前を通り過ぎがたくて、ため息をついているあの人、ねえあなた、引っ張ってきて、共寝してやりなさいよ。
左注 (右十首常陸國歌)
校異
用語 東歌、相聞、茨城県、地名、筑波山、女歌、歌垣、勧誘、恋愛
タイトルとURLをコピーしました