万葉集 第14巻 3416番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3416番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3416番歌

第14巻
歌番号 3416番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 可美都氣努 可保夜我奴麻能 伊波為都良 比可波奴礼都追 安乎奈多要曽祢
訓読 上つ毛野可保夜が沼のいはゐつら引かばぬれつつ我をな絶えそね
かな かみつけの かほやがぬまの いはゐつら ひかばぬれつつ あをなたえそね
英語(ローマ字) KAMITSUKENO KAHOYAGANUMANO IHAゐTSURA HIKABANURETSUTSU AWONATAESONE
上つ毛野可保夜が沼に生え延びる蔓のように、引いたらずられながら寄ってくるように、決して切れることがないようにね。
左注 (右廿二首上野國歌)
校異
用語 東歌、相聞、群馬県、地名、植物、序詞、採草歌、恋情
タイトルとURLをコピーしました