万葉集 第14巻 3556番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3556番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3556番歌

第14巻
歌番号 3556番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 思保夫祢能 於可礼婆可奈之 左宿都礼婆 比登其等思氣志 那乎杼可母思武
訓読 潮船の置かれば愛しさ寝つれば人言繁し汝をどかもしむ
かな しほぶねの おかればかなし さねつれば ひとごとしげし なをどかもしむ
英語(ローマ字) SHIHOBUNENO OKAREBAKANASHI SANETSUREBA HITOGOTOSHIGESHI NAWODOKAMOSHIMU
潮船を浜に置いたままだとお前が愛しくてならない。さりとて共寝に行けば噂が激しい、私はお前をどうしたらいいだろう。
左注
校異
用語 東歌、相聞、枕詞、恋情、うわさ
タイトルとURLをコピーしました