万葉集 第14巻 3448番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3448番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3448番歌

第14巻
歌番号 3448番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 波奈治良布 己能牟可都乎乃 乎那能乎能 比自尓都久麻提 伎美我与母賀母
訓読 花散らふこの向つ峰の乎那の峰のひじにつくまで君が代もがも
かな はなぢらふ このむかつをの をなのをの ひじにつくまで きみがよもがも
英語(ローマ字) HANADIRAFU KONOMUKATSUWONO WONANOWONO HIJINITSUKUMADE KIMIGAYOMOGAMO
桜の散る季節が向かいの山の乎那(をな)の峰にやってこようとしている。その花が散って湖面に流れ込むまで、せめて主人が無事であってほしい。
左注
校異
用語 東歌、雑歌、地名、静岡県、引佐郡、三日ヶ町、尾奈山、寿歌、長久
タイトルとURLをコピーしました