万葉集 第14巻 3373番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3373番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3373番歌

第14巻
歌番号 3373番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 多麻河泊尓 左良須弖豆久利 佐良左良尓 奈仁曽許能兒乃 己許太可奈之伎
訓読 多摩川にさらす手作りさらさらになにぞこの子のここだ愛しき
かな たまかはに さらすてづくり さらさらに なにぞこのこの ここだかなしき
英語(ローマ字) TAMAKAHANI SARASUTEDUKURI SARASARANI NANIZOKONOKONO KOKODAKANASHIKI
多摩川に布をさらして仕上げるが、そのさらではないが、更にいっそうこの子がどうしてこんなにも愛しいのだろう。
左注 (右九首武蔵國歌)
校異 泊 [元][古] 伯
用語 東歌、相聞、埼玉県、東京都、多摩川、恋情、地名
タイトルとURLをコピーしました