万葉集 第14巻 3438番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3438番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3438番歌

第14巻
歌番号 3438番歌
作者 作者不詳
題詞 雜歌
原文 都武賀野尓 須受我於等伎許由 可牟思太能 等能乃奈可知師 登我里須良思母
訓読 都武賀野に鈴が音聞こゆ可牟思太の殿のなかちし鳥猟すらしも
かな つむがのに すずがおときこゆ かむしだの とののなかちし とがりすらしも
英語(ローマ字) TSUMUGANONI SUZUGAOTOKIKOYU KAMUSHIDANO TONONONAKACHISHI TOGARISURASHIMO
都武賀野(つむがの)に(鷹の)鈴の音が聞こえる。可牟思太(かむしだ)の殿の中の若様が鷹狩りをなさっているらしい。
左注 或本歌曰 美都我野尓 又曰 和久胡思
校異
用語 東歌、雑歌、地名、静岡県、鷹狩り、狩り讃美
スポンサーリンク

第14巻 3438S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌曰 又曰
原文 美都我野尓 和久胡思
訓読 美都我野に 若子し
かな みつがのに わくごし
英語(ローマ字) MITSUGANONI WAKUGOSHI
美都我野に~。少年が~。
左注
校異
用語 東歌、雑歌、地名、異伝、狩り讃美
タイトルとURLをコピーしました