万葉集 第14巻 3392番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3392番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3392番歌

第14巻
歌番号 3392番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 筑波祢乃 伊波毛等杼呂尓 於都流美豆 代尓毛多由良尓 和我於毛波奈久尓
訓読 筑波嶺の岩もとどろに落つる水よにもたゆらに我が思はなくに
かな つくはねの いはもとどろに おつるみづ よにもたゆらに わがおもはなくに
英語(ローマ字) TSUKUHANENO IHAMOTODORONI OTSURUMIDU YONIMOTAYURANI WAGAOMOHANAKUNI
筑波嶺の岩もとどろに落ちる水が世に絶えることがないように、(私たちの仲が)絶えるとは思わない。
左注 (右十首常陸國歌)
校異 於毛 [元] 毛
用語 東歌、相聞、茨城県、地名、筑波山、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました