万葉集 第14巻 3391番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第14巻3391番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第14巻 3391番歌

第14巻
歌番号 3391番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 筑波祢尓 曽我比尓美由流 安之保夜麻 安志可流登我毛 左祢見延奈久尓
訓読 筑波嶺にそがひに見ゆる葦穂山悪しかるとがもさね見えなくに
かな つくはねに そがひにみゆる あしほやま あしかるとがも さねみえなくに
英語(ローマ字) TSUKUHANENI SOGAHINIMIYURU ASHIHOYAMA ASHIKARUTOGAMO SANEMIENAKUNI
筑波山の背後に見えるのは足尾山、その名のようにあの子には悪い欠点が全く見あたらないので(あきらめようにもあきらめきれない)。
左注 (右十首常陸國歌)
校異
用語 東歌、相聞、茨城県、地名、筑波山、足尾山、序詞、恋情
タイトルとURLをコピーしました